社員の意識を変える社員教育とは

どんなことも「理屈だけで見る」のではなく「心の目で見る」

春は新人教育の時期です。社員の心がけを振り返るチャンスでもあります。人間は、性格や個性などに違いがあります。違ってから、物事が成り立ちます。たとえば、人間関係が良い例です。それぞれ、性格が異なるからこそ仲良くなれる面があります。出会った人達は、親しくなれる可能性があるから会えたのです。お互いの良さを生かそうと意識すれば、どんな人ともお付き合いできます。何事も、問題なくするためには欲を捨てることが大切です。こだわりが欲の原因ともいわれていますが、これを捨てる、余計な考えがなくなります。本当に必要なことだけ、考えられるようになります。自分の気持ちを振り返ってみます。そして、こだわりなどがないかチェックしてみます。

精神力を鍛えるためにも、社員に「座禅」などをさせるのも良いです。心身を落ち着かせると、思考もクリアになります。1日1回は、レベルアップのために瞑想などの静かな時間を作るのも素晴らしいです。これを実行して、効果を出してる企業もたくさんあります。

内容が充実してることが大切

たとえば、「ドラマ作り」もいろんな要素がバランスよく取れていないと、視聴者が楽しめません。ドラマを完成させるには脚本や演出、美術など数多くの条件がそろっている必要があります。ただ、そろえるだけでなく最大限に生かすのがポイントです。この世界も、第3者の視点も重要になります。ドラマもいろんな人が視聴します。誰でも共感できるのが、いつまでも愛される作品です。ここで、大事なのがこの作業は目的はどんなことか、熟慮します。

人が成長するのに、大切なことはその人が自分から変わろうと思えることです。そのように変化できるような、状況を周りで作っていくのです。相手が変わるのを待つより、自分から積極的に変わる努力をします。「実行」がその人を大きく成長させます。