社員教育、これさえ抑えれば!

興奮を引き起こせ!能動的な行動を引き起こす社員教育

会社で感じる威圧的な緊張感は、ストレスを作り出し、防御態勢的な精神状態を作り出してしまう事もあります。この様な状態に陥れば、積極性を失い、能動的な行動を引き起こしにくくなってしまう可能性もあります。一人でもこの様な社員がいれば、その感情が社員全員に広がってしまう可能性もあります。つまり、社員の士気が低下してしまう可能性もあり、元気の無い姿は営業にも影響を与えかねません。
積極性を持ってもらう様な興奮状態を引き起こす必要性があるのです。そこで、お勧めなのが社員研修の一貫として、お笑いを誘う様な催し物に足を運ぶ事です。笑いは緊張を和らげ、興奮を引き起こし心の底からの思いを発散させる事が可能になります。緊張が解ける事によって、社員同士のコミュニケーションが活発化する環境作りも可能です。

抑制力を身につけろ!冷静な行動を引き起こす社員教育

現在の若者の中には、遊びの延長線上として仕事に就いている方もいます。遊び心が、創造性を高めてくれる事もありますが、時には冷静な行動力も必要となる事もあります。そのためには、抑制力を身につけ、冷静な判断力を身につけてもらう必要性があります。そこでお勧めなのが、禅や、滝行などの社員教育です。
禅や滝行は、内面に意識を向ける事によって、抑制力が身につくのみならず、潜在意識を顕在化させる力を秘めています。つまり、新しいアイデアなども生み出し易くなるのです。又、多少のストレスに対しても抵抗力を身につける事によって、ストレスを抱えにくい肉体作りも可能です。現在の社会では、社員が抱えるストレスについて配慮を行わなければなりません。ストレスを作り出さない環境も大切ですが、ストレスを感じさせない精神と肉体作りも大切と言えるでしょう。