正しい社員教育の進め方

新入社員にはスキルよりも常識を教えてあげることが大事

社員教育の中でも重要な教育として、新入社員に対しての教育があります。
研修期間の間に会社で使える人材としてしっかりと教育をする必要がありますが、スタートラインに立っている社員にとっては、スキルそのものを教えるよりも、常識を一から教えていくことで、社会人として自覚を与えることができます。そうすることで、毎日自分がなにをやれば良いのかを考えさせられるきっかけにもなるので、社員教育を行う際に、手始めの新入社員研修の場合には、まずは社会人の一般的なマナーや作法などを基礎から教えるようにして、フォローアップをしていくのが良いでしょう。研修方法によっては入社してからグングンとその個人の能力を伸ばしてあげることもできます。

管理職研修なら厳しく行っていくのが大事

ある程度の年数勤続経験がある社員を、管理職研修などで再教育する場合には厳しく行う必要があります。
管理職ともなると職責もかなり重くなり、部下をまとめる立場になるので、個人の責任能力が求められるようになってきます。日々の業務の中で部下に対して適切な指示を出すにはどうすればよいのか、あるいは社員をまとめていく立場のものとして、会社の業務のどのように立ち向かっていくのかを教える必要があります。社会人としての経験は長いので、マナーの研修をする必要はありませんが、その各個人がこれまで行ってきた業務についてより込み入った内容の研修をするのが大事です。管理職研修は企業の存続にも関わるので厳しく行っていきましょう。